日記日常お菓子日常料理Special dayお菓子Special day料理キャラメニュー動画TV・映画感想旅Photo海外            旅Photo国内結婚への道MILKキャラサイトあれこれ趣味製作カレーカレー情報まとめその他グルメその他グルメまとめ
お菓子な日常とカレーな生活。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.10 Sat
シャッターアイランド観てきました。

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island)
デニス・ルヘインによる同名のミステリー小説を原作とする、4度目のマーティン・スコセッシ監督、
レオナルド・ディカプリオ主演作。

1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。
精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。
捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャック。
だが島内に女性患者の姿はなく、島外へ脱出した形跡も見あたらない。
いったい彼女は、どこへ行ったのか?
唯一の手掛かりは、彼女が部屋に残した1枚の紙切れ。
そこには、「4の法則」と題した暗号が記されていた…。




以下若干ネタバレ含みなので続きに下げます。
読みたい方だけどうぞ。











うーん…

面白くなかった…(総評価)



観た人にネタバレをしないで欲しいのならもう少し驚けるラストにして欲しかった。
もっと入り組んだ推理や謎解きやサスペンス感があるのかと思いきや精神妄想まかせな脚本。
謎も何もあったものじゃない。
妄想と想像の世界が現実世界と交じり合いすぎていてごっちゃごちゃ。

これではいくらでも都合に合わせることが出来るじゃないか。
正直途中からもう捜査官の正体も読めていて、どこら辺が衝撃なのかと問いたい。
小一時間問い詰めたい。

もっとさらに裏があるのかと思ったんだが…
え、もう終わり?みたいながっかり感は否めない。

中だるみも物凄くて途中から「ディカプリオ…老けたな…軽くハゲてる…」とか考えてたよ(どこ見てんだ)

それと時代背景がちょうど近いからといってナチ関係を入れた意味がよくわからないかな。
目の付け所は悪くなかったと思うんだけど、ただ出せばいいってものじゃないでしょう。
特に今でもそれは歴史的にデリケートな部分故に描写が制限されてしまうのは分かっている筈。

自らの虐殺による精神汚染を描きたかったのか…?
でも結局彼は家庭の歪みによって愛するものを失うという悲しみから狂ってしまった訳で。
じゃあナチをわざわざ出した意味は何?と不思議な位置づけになってしまう。
例えば彼が実はユダヤ系の血を受け継いでいて、その虐殺に対する強迫観念に駆られていたとか、精神をその時点から病んでいたとか、ドイツの精神学者によって暗示あるいは催眠をかけられていたとか、そういう捻りの一つ位入れていただきたかったなー。
あれなら別にただの戦争でもトラウマでも何でも良かったわけだし。

孤島の精神病院という特殊な権力下の場所にプライドの高い捜査官が現れ、その閉じられた空間によってファシズムに目覚めていく=狂っていくとかそういう展開を一瞬考えたのだが、違った。思いっきり違った。
そのほうが面白いと思うけど…特にナチ関連が出てくるならその思想を取り入れた描写が欲しい所。

まぁ推理サスペンスというカテゴリーで作った映画だというならテーマにはそぐわないけどね。

あと個人的にはもっと圧迫感が欲しかった。動けない!抜け出せない!みたいな。
島から出られないと言ってる割にはやたら自由に動き回れるし、その時点からおや?と思う部分が丸出し。
これは監視されてるか、もしくは妄想の中の出来事なのでは…と思っていたらやはりそうだった。

ありえない動きは不信感を湧かせるよ…普通の人間はあんな崖上れないだろ…。

正直、サイコな部分を押し出したい割には優しすぎる感じがした。
残虐にしたいのか、それともホラー感を出したいのか、推理サスペンスにしたいのか。
色々詰め込みすぎて自爆してるパターン。

精神病関連の映画って似たり寄ったりになりがちなのだが、その最たるものだと思います。
アメリカ映画と分かってはいたけれど…やはり心理描写の質がいまいち。
そういうのはなかなかヨーロッパ映画に勝てない部分かも。


精神病ではなく常人が精神異常をきたすなどを取り入れた映画は面白いものもあるんだけどね。
「SAW」の1作目とか。2作目からは駄作ですが…。



他の心理系映画では個人的に「es」が面白いと感じます。実験という名の精神観察。
ちなみにこの作品はドイツ映画。さすがと言うか、やはりというか。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bbkissxkiss.blog2.fc2.com/tb.php/113-cbcd98c2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。