日記日常お菓子日常料理Special dayお菓子Special day料理キャラメニュー動画TV・映画感想旅Photo海外            旅Photo国内結婚への道MILKキャラサイトあれこれ趣味製作カレーカレー情報まとめその他グルメその他グルメまとめ
お菓子な日常とカレーな生活。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.06 Thu


孤独のグルメ

原作:久住 昌之
作画:谷口 ジロー
扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載。
全1巻(単行本・文庫版・新装版)



輸入雑貨の貿易商を個人で営むサラリーマン風の男「井之頭五郎」が主人公。
彼が仕事の出先で1人孤独に外食などで腹を満たす。
そんな日常の一端を漫画で表現した作品。

話は1人で飲食店に入った事がある人に共感できる内容が多い。
どこの店に入ろうか見渡したり、店内の様子を伺ったりメニューをじっくり見て考えたり…
誰しもがつい考えてしまう事がモノローグ調で語られている。
懐古趣味な一面もあり、よく食べ物や情景で記憶を甦らせている。

主人公が孤独に飯をかっ食らう描写や食べる事へのこだわり、店を選ぶ考えからはある種のダンディズムを感じ取れる。
だが腹を満たすため考えた末の行動から何故か裏目に出てしまうというのが話の展開上でよくある。
腹具合を間違えて食べ過ぎてしまう事もしばしば。
そこがただの日常風景だけではなく、クスリと笑わせる面白さを生んでいる。
ただ男が食べ歩きをしているだけの話を情緒的にかつ面白く魅せれるのは漫画ならでは。
そんな部分も受けているのではないかと思われる。

作品内での名言も多い。

「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」
「持ち帰り!そういうのもあるのか」
「ガーンだな…出鼻をくじかれた」
「ラストの2枚…あれが効いたな」
「うわあ なんだか凄い事になっちゃったぞ」
「このわざとらしいメロン味!」
「いかんなァ…なんでこうなる」
「うん!これこれ!」
「○○と○○でダブってしまった…」(話の中でよくある食材被り)
「モノを食べる時はね誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。
 独りで静かで豊かで……」


まだ他にも色々あるけど、代表的なのはこれ位かなと。

こういう漫画、結構好きです。面白くて。



実写版!そういうのもあるのかww

うーん、漫画のキャラとは似てない(というか大学生だから若い)けど頑張った感はあるなぁ。
でもなんでこれをチョイスしたんだろうwwwww
いや確かに面白い作品だけど大学生がやるにはちょっとズレてる気がするんだが…。

それにしても色んな回台詞が混ざってるなー。
出鼻をくじかれるのは焼肉ではなく浅草の豆かんの話だし。
ソースが男の子ってのは秋葉原のカツサンドだし。
あとジェットで温めるシュウマイの話が何故か551の豚まんに変わってる。
確かに551の豚まんって匂うけどもw

昔大阪からの帰りに551で肉たっぷりのジャンボシュウマイを買って
新幹線内で食べようとしたら結構匂ったのを思い出した。
懐かしや。

しかしまさか実写版があるとは…







アニメ化!そういうのもあるのかwww

うわぁ
なんだか凄い事になっちゃったぞ。

うん、これこれ!
このわざとらしいイケメン声!w

本当にアニメ化したら見たいなー。
深夜枠で一期だけでもいいからやってくれないかなぁ。
それ以前に原作もっとやらないかな…。もっと読みたい。


さらにレッドさんとの共演が自然すぎてwwwうおォンwwww



こwwwれwwwwはwwwww

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bbkissxkiss.blog2.fc2.com/tb.php/154-e42feb58
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。