日記日常お菓子日常料理Special dayお菓子Special day料理キャラメニュー動画TV・映画感想旅Photo海外            旅Photo国内結婚への道MILKキャラサイトあれこれ趣味製作カレーカレー情報まとめその他グルメその他グルメまとめ
お菓子な日常とカレーな生活。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.15 Tue
映画鑑賞してきました。

久々に感想なんかを述べます。
短いけど。



「パラノーマルアクティビティ 2」
(Paranormal Activity 2)

監督 トッド・ウィリアムズ

製作総指揮
スティーヴン・シュナイダー
アキヴァ・ゴールズマン
製作 オーレン・ペリ ジェイソン・ブラム

脚本 キャラクター創造 オーレン・ペリ
脚本 マイケル・R・ペリー

撮影 マイケル・シモンズ
編集 グレゴリー・プロトキン

配給 ドリームワークス/パラマウント

公開
米国2010年10月22日
日本2011年2月11日

上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国



以下ネタバレ含む感想なので読みたい方だけ続きからどうぞ。



まず第一に思ったのは相変わらず舞台となる家が豪華やわ…(そこかい)
アメリカって庭にプール付きなのがデフォなんですかねw

今回は普通の一般(?)家庭に男の子が生まれた、その子供を巡って怪奇現象が起こる。
基本はそんな筋書き。
まず最初は普通にビデオで撮影っぽく写してますが突然家にに泥棒が入ったかのように荒らされてしまいます。
そこから父親が念のためにと監視カメラを付けて家のあちこちで撮影開始。
広い家なのでそこはやはりアングル変えは必要なんでしょうな。
前作品はDVDで見たんですが一部屋でほぼ全てだったので今回のほうが動きはある感じ。

登場人物は主な家族
父母、娘、そして母の姉と恋人、生まれた子供。
どうも夫婦は再婚のようで娘は父方の連れ子らしい描写があった。

序盤はこれといって映像に変化はあまり見られません。
時々物が動いたかな~?あ、あそこが動いてる動いてる。みたいな。
なんだかアハ体験をさせられているようで笑えてきました(ホラーなのにw)

毎回映像に写るプールを自動で掃除する機械の映像が妙にシュールというか可愛い。
それが勝手に動いてプールから出てくるシーンがあったりもするんですが
擬人化属性からすると気味悪いよりもただ単に可愛いって思ってしまう…w

『掃除頑張るよ!でもたまに疲れてプールから上がるよ!』
…的な?(ナニソレ珍百景)
本当は怖がる場面なのでしょうけどもw

前回のチープさと比べるとカメラ台数も出演者も効果も多いのでちょっと予算UPしてるぽい。
ざっと見ていった感じ全体的に音で驚かせる演出が多め。

しかし話が進むにつれて展開がよくあるエクソシスト的になってしまっていた。
それが前作との大きな違いかな。
前作も悪魔(幽霊?)に取り付かれた風な感じになって終わるEDがありましたが、そこまでオカルティズムの話を出していくような展開ではなかった。
今回は日本で言うとこっくりさんのような憑依ゲームを興味本位で恋人達がやってる描写があったので、なんとなくそれが普通のホラーっぽさを出してしまった気がする。
なのであの場面は無いほうがいいかなと思った。

話が佳境に入っていくにつれて幽霊が透明人間状態で人を襲うのもなんだかな。
後半やたら強引に襲ってくるけど何故最初から本気を出さないのか。
力が封じられてたとかそういうんじゃなさそうだし、赤ん坊を連れ去るチャンスはいくらでもあったように思えるから、何か少しでもいいから力技に持って行った要因を話の中に入れて欲しかったな。
赤ん坊の年齢が鍵になっているから誕生日うんぬんという話があったような気もするけどちっと忘れたw

今回は赤ん坊の傍で守ってるような飼い犬が出てくるのですが、見えない何かと主に戦ってます。
わんこだけやで…奴に気づいて必死に赤ん坊守って戦ってたんは…

だから正直犬が最後どうなったかだけ物凄く気になる。
え…生きてる…設定…だよね??
じゃなかったら不憫すぎる…わんこ…(´;ω;`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bbkissxkiss.blog2.fc2.com/tb.php/423-c4830ed6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。